電験3種試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)とは、正式には「第3種電気主任技術者試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)」と呼んでいるのです。第3種電気主任技術者試験は、電気事業法に基づいて国家試験(運転免許試験や高等学校卒業程度認定試験なども、国家試験になります)で、経済産業大臣から指定を受けた一般財団法人電気技術者試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)センターが試験などを運営しているのです。電験3種試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)に合格すると、経済産業大臣より「第3種電気主任技術者免状」が交付され、第3種電気主任技術者資格を取得できるのです。第3種電気主任技術者資格を取得すると、電気主任技術者の選任を受ける事ができて全国に存在している電気設備の「保安監督」の仕事に従事する事ができるためにす。第3種電気主任技術者が従事できるのは、電気施設の範囲が電圧5万V未満の電気施設の保安監督。これ以上の電圧を取り扱っているには、電圧1万V以上の電気施設において五年以上の保安監督の実務経験(これが邪魔をして新たな一歩を踏み出せないこともあるようです)を経た後、第2種電気主任技術者試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)を受け、無事合格して資格を取得すれば取り扱っている事ができます。こういった第3種電気主任技術者資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)には、受験するのに特に制限はないですよね。年齢、学歴、国籍などとは関係なく、どのような方でも自由に受験する事が出来ます。試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)のレベルは、工業高校卒業程度を対象としているのですが、難易度は高く、大学卒でも合格するというのは難しい試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)です。関連ある学部を卒業後、3〜五年くらいかかって取得する人が多いですね。試験科目は全4科目で、一部の科目だけ合格した場合は科目合格となり、翌年度に申請すれば合格した科目は免除されるのです。3年間で4科目に合格すれば、第3種電気主任技術者免状の交付を受けて、資格を取得する事ができますー